KORNIC Automation

카테고리버튼

EasyFAS

LCD、LED、AMOLED、SolarCellなどそれぞれのEnd User毎に多様なLine spec速くて容易く開発するための自動化プログラム

POINT
既存の半導体装置の通信標準である SEC-ⅡとGEM標準以外のLCD, LED, AMOLED, SolarCellなど、それぞれのEnd User毎に多様なLine specについての柔軟な対応が必要化される中、速くて容易く開発するための自動化プログラム
EasyCluster Base Library Base
目的
  • EasyCluster engineに基づき、 Functionで実装
  • Equipment(CTC, PMC)と CIM の間でdataの共有可能
  • Development language : C Base
  • Libraryの形で提供
  • C/C++ 又はMFC環境のUser Applicationから
    Importして使用
  • Development language : C, C++, MFC Base
특징
  • EasuClusterの基に IO Data Data共有をすることで、容易にData接近、及びMessage生成処理の実装可能
  • C(C,C++,MFC)に基づいてのUser Applicationで Messageの生成、通信及び GUI構成が容易
  • CIM or GEM S/W開発の費用の最小化
  • Network/SECSⅡ/HSMS通信標準の関連事項は FAS Controlにて処理
  • ユーザはUser DLLの範囲で FAS Controlによる Callback 関数を通じてMessageの処理のための基本的に提供するAPI関数を利用して開発
  • 期間の短縮及び維持管理の便利性を提供
  • 半導体、LCD, Solar, Cell, LED, AMOLEDなど、多様な Maker of FAB Specに沿って開発された User DLL単位で、管理の便利性を提供
  • あるプロジェクトでオプション処理により管理をする場合、維持管理及びLine適用の際、量産適用のための S/W検証に対しての負担の解消
  • System configuration fileで容易で便利な多様の装置のEventの処理
  • SML fileを利用したHSMS message formatについての簡潔な dataの処理を提供